• concept

    ジェンダーバランス推進について

    NAME 由来

    誰もがひとりでは生きていけない。

    誰かと誰かが手を取り共に生きること、

    それぞれの性を理解しあう社会が実現してほしいという想いで名付けました。

     

    VISION ビジョン

    職場のジェンダーバランス、家庭のジェンダーバランスの促進。

    パートナーシップ力とは企業や結婚など、広義的に協力をし合う力のこと。

    社会が前進するためには、女性だけ、男性だけではなく性によらず、

    誰もが手を取り合うことが必須条件です。

     

    MISSION ミッション

    誰もが働きやすい社会を実現し、世界に影響を与える。

     

  • ジェンダー平等 企業研修 一般社団法人パートナーシップ協会 ジェンダー問題 ジェンダーバランス SDGs SDGs経営 ジェンダーハラスメント

    GOAL

    私達が取り組む目標

     

    職場・家庭・社会は相互に作用し成り立っています。 ジェンダーの不平等を改善するには、家庭のジェンダー平等だけではなく職場のジェンダー平等、社会のジェンダー平等、3つの領域でジェンダー平等(バランス)の実現を目指す必要がございます。

     
  • SOLVE

    社会課題の解決

    私たちは3つの領域における『ジェンダー平等=ジェンダーバランス』の実現を目指し、

    下記の社会課題を解決します。

    • ジェンダーギャップ指数の改善

    • 男女の賃金格差・昇給格差の改善

    • 育休取得率の向上

    • ジェンダー問題が原因となる、イノベーティブ力の低下や企業の業績悪化、起業家の輩出数の改善

    • 企業及び国の経済力の向上

     

     

  • TEAM

    メンバー紹介

    松阪美歩 まつざかみほ 一般社団法人パートナーシップ協会

    代表理事 松阪美歩

    一般社団法人パートナーシップ協会代表理事。会社員を経て、20代半ばで起業。マーケティング会社他、3社ほどの起業を経験。内閣府SDGS分科会メンバー。性別、学歴、職歴、年齢非公開。#BiasFree な生き方・働き方へ。起業家のバイアスや環境にも課題を感じ、バイアスで苦しむ人をゼロに向けて活動を行う。

    Instagram

    Facebook

    Wantedly

    理事

    coming soon..

    ライター 徳山翔馬

    慶応義塾大学在学中。ジェンダー問題に関心があり、ライターとして多くの記事を執筆。