• REFORMATION

    ジェンダー平等と社会改革

    私たちは日本全体の企業や組織の働き方を変えるために、様々な署名活動や行政への提案でムーブメントを起こしていきます。

    ジェンダー平等 企業研修 一般社団法人パートナーシップ協会 ジェンダーハラスメント ジェンダーバイアス 男女賃金格差 ジェンダーバランス SDGs

    男女の賃金格差ゼロ宣言

    WAGE GAP

    アメリカのニューヨーク州では、男女の賃金格差が企業内で見つかると違法行為となる法律が制定されました。ジェンダーの平等とは単なる人権問題ではなく、これからは法律違反になる時代が到来します。日本でも企業がジェンダー平等が必要です。一般社団法人パートナーシップ協会では、企業がジェンダー平等の実現へ向けて活動をした時、な障壁となりうるる従業員からの不安や焦りの解消のサポート、その他企業内の課題を調査し、フォローを行い、男女の賃金格差ゼロに向けて活動を行います。

    ジェンダー平等 企業研修 性差 一般社団法人パートナーシップ協会 ジェンダー問題 ジェンダーバランス SDGs

    雇用類似とジェンダー平等

    INDEPENDENCE

    「雇用類似」は「雇用」と「自営」の中間的な働き方をする者のことであるが、いわゆる「労働者」ではない。外形的には、自営業者であり、個人事業主、インディペンデントコントラクター、フリーランサー、クラウドワーカー、ギグワーカーなどが含まれる。働き方改革により雇用類似の働き方に注目が集まった。しかし企業内とは異なるジェンダーと働き方に関する問題が多く、まだ社会は課題解決の糸口が見えていません。一般社団法人パートナーシップ協会では雇用類似と働き方に向き合い、誰しもが働きやすい社会に向けて、署名活動や企業外のハラスメント防止に向けて活動を致します。

    すべての投稿
    ×
    ×
    セミナー受講規約
    本セミナー規約(以下「本規約」という)には、一般社団法人パートナーシップ協会(以下「当社」という)の許諾に基づき、当社がWEBサイト上、チラシその他(以下「WEB等」という)で掲載する特定の講座(以下「本セミナー[TSL1] 」という)の受講希望者(以下「受講希望者」という)が受講の申込(以下「受講申込」という)を行い、当社が提供する本セミナーを受講するにあたっての、当社との間の契約条件が規定されています。
    第1条(本セミナーの申込)
    (1)受講希望者は、WEB 等に掲載する手続、または当社が定める他の手続に従って、受講申込を行い、氏名・住所・電話番号その他当社の別途定める事項について、正確かつ最新の情報(以下「登録情報」という)を申込書その他に記載して提供するものとします。
    (2)受講希望者が、本セミナーを勤務先等の所属団体(以下「所属団体」という)を通じて申し込みを行い(以下、「団体申込」という)、当該受講希望者が第2条第2項の定めにより受講資格を取得し受講者となった場合、所属団体と当該受講者は連帯して本規約に基づく義務を負うものとします。
    (3)受講者は、登録情報に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。
    第2条(本セミナー申込の承諾)
    (1)当社は受講希望者よりWEB 等に掲載する手続、または当社が定める他の手続によって受講申込を受けた時、本セミナー、当社所定の審査の後、[TSL2] 受講料金の支払方法を電子メールもしくは書面にて通知するものとします。
    (2)当社と受講者間の本セミナーの提供に係る契約(以下「本契約」という)は、受講料金全額の入金を確認したときに有効に成立し、当社は受講希望者に対して本セミナーの受講を許諾するとともに、受講希望者は、本規約の定めに従い受講者たる資格(以下「受講資格」という)を取得し、受講者として扱われるものとします。
    (3)第1項に定める当社所定の審査の結果によっては、受講希望者の受講申込をお断りする場合があります。この場合でも、当社は受講希望者に対し、受講申込をお断りした理由は開示しないものとします。
    第3条(受講料のお支払い)
    (1)     受講希望者は、当社がWEB等で掲載する受講料金を、当社が発行した請求書または支払方法に関するメールもしくは書面を受領した日(以下「請求書受領日」という)から7営業日以内に、当社指定の口座に銀行振込にて支払うものとします。
    (2)請求書受領日からセミナー開催日まで、7営業日に満たない場合は、即日振込とします。
    (3)領収書は取扱金融機関等の振込受領書をもって代えるものとします。
    第4条(受講申込の取消)
    (1)受講者が、本セミナー開催日5営業日前の17時以降に、受講者の都合により受講資格を取り消そうとする場合、受講料金全額をキャンセル料として当社へ支払うものとします。この場合、支払済みの受講料がある場合、当該支払済みの受講料をキャンセル料の一部または全部として徴収します。支払済みの受講料は、理由のいかんを問わず、一切返金しないものとします。ただし、代理の出席があれば、当該キャンセル料の支払いは発生しません。
    (2)キャンセル料の支払いは、当社指定の銀行あての振込みとなります。手数料等は受講者負担とします。
    第5条(登録情報の使用)
    当社のWEB等に掲載される個人情報保護方針に従い、登録情報、及び受講者が本セミナーを受講する過程において当社が知り得た情報(以下「受講者情報」という)は、セミナーの実施・運営(受講者名簿の作成、アンケートの集計及び分析)並びに当社からの情報提供の目的の範囲内に限った利用を行い、その他の目的には利用しません。但し、以下のいずれかに該当する場合を除きます。
    1. 本人の同意を得ている場合
    2. 法令等の定めに基づく場合
    3. 人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、緊急かつやむを得ないと認められる場合
    また、当社は個人情報保護方針に従い、受講者情報を本人の要望に応じ開示・追加・変更・削除に応じます。
    第6条(セミナー受講資格の中断・取消)
    受講者が以下の項目に該当する場合、当社は事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該受講者の受講者資格を停止、または将来に向かって取り消すことができるものとします。この場合でも、当社は受領済みの受講料は一切返還しないとともに、当該受講者に未払の受講料がある場合は、当該受講者は期限の利益を喪失し直ちに当社に対し未払の受講料の全額を支払うものとします。
    1. セミナー申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合
    2. 本規約に違反した場合及び受講者の行為が本規約に違反すると当社が判断した場合
    3. その他、受講者として不適切と当社が判断した場合
    第7条(セミナーの中止・中断および変更)
    (1)当社は、本セミナーの運営上やむを得ない場合には、受講者に事前承諾なく本セミナーの運営を中止・中断できるものとします。
    (2)前項の場合において、本セミナーの運営の中止・中断が当社の責めに帰すべき事由による場合、[TSL3] 当社は本セミナーの中止または中断後、当社所定の期限内に[TSL4] 当該講座についての受講料金を返金します。但し、この場合の当社の責任は支払済の受講料金の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負いません。
    第8条(講義内容に対する権利)
    受講者は、本セミナーの講義内容をいかなる方法においても第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、使用許諾等を行ってはならないものとします。また、セミナー中許可なく撮影・録画・録音を行ってはならないものとします。
    第9条(著作物等)
    本セミナーの内容、及び本セミナーの受講において受領したテキスト等の著作物(以下「本著作物等」という)に関する著作権及びその他知的財産権は当社に帰属し、受講者は当社の事前承諾を得ずに、これらを侵害する次の各号に定める行為を行うことを禁じます。
    1. 本著作物等の内容を、自己又は第三者の名をもってWEB等に掲載する等インターネットを通じて公衆に送信する行為
    2. 本著作物等の内容を、引用の範囲を超えて自己又は第三者の著作物に掲載する行為
    3. 私的利用の範囲を超えて、本著作物等を複製・改変等して第三者に配布する行為
    4. その他、本著作物等の著作権及び知的財産権を侵害する行為
    5. 情報を不正に漏洩していると知りながら、情報を取得し続ける行為
    第10条(秘密保持)
    受講者は、本セミナーを受講するにあたり、当社によって開示された当社固有の技術上、営業上その他事業の情報(講座内におけるノウハウ等を含むがそれらに限られない)並びに他の受講者より開示されたそのプライバシーに関わる情報を秘密として扱うものとし、これらの情報を使用し、又は第三者に開示することを禁じます。
    第11条(損害賠償)
    (1)受講者が、本セミナーに起因または関連して当社に対して損害を与えた場合、受講者は、一切の損害を賠償するものとします。
    (2)本セミナーに起因または関連して、受講者と他の受講者、その他の第三者との間で紛争が発生した場合、受講者は自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当社は一切の責任を負わないものとします。
    (3)本セミナーの内容を当社の合意なく不正に所得した場合、または不正に知り得て当社に報告をしなかった場合、受講者は損害賠償を支払うものとします。
    第12条(免責)
    (1)当社は、本セミナーが受講者の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、受講者による本セミナーの利用が受講者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、継続的に利用できること、及び不具合が生じないことについて、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。
    (2)当社は、本セミナーに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、権利侵害などを含みます)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
    (3)当社は、本セミナーの開催、内容自体、中断、停止、変更または終了などに起因して生じた受講者の損害及び逸失利益や、第三者から受講者に対してなされた損害賠償請求に基づく損害を含むいかなる損害については、本規約に別途定めるものを除き、一切その責めを負わないものとします。ただし、本契約が消費者契約法に定める消費者契約となる場合はこの限りではありません。
    (4)当社は、前項ただし書きに基づき本セミナーに関して受講者が被った損害につき当社が責任を負う場合、過去3ヶ月間に受講者が当社に支払った手数料の金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。ただし、当社の故意又は重過失より受講者に損害が生じた場合はこの限りではありません。
    第13条(規約の変更)
    当社は、本規約及び本規約に付随する規程の全部又は一部を変更することができます。この場合、当社は本規約等を変更する旨、及び変更後の本規約等の内容並びにその効力発生時期をインターネットの利用その他の適切な方法により周知します。当社により変更された本規約等は、法令上受講者の個別の同意が必要なものを除き、当該効力発生日以降においては当該変更された本規約が受講者に適用されるものとします。
    第14条(分離可能性)
    本規約の条項のいずれかが管轄権を有する裁判所によって違法又は無効であると判断された場合であっても、当該条項以外の本規約の効力は影響を受けないものとします。
    第15条(管轄裁判所)
    本契約を巡る一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。
    第16条(協議事項)
    本規約の解釈について疑義が生じた場合又は定めのない事項については、信義誠実の原則に従い協議の上、円滑に解決を図るものとします。
     
    
    ×
    一般社団法人パートナーシップ協会(以下「当社」といいます。)では、当社ウェブサイト(当社が運営・管理するすべてのウェブサイトを含みます。以下「当サイト」といいます。)をご利用いただくお客様の個人情報(個人情報保護法で規定する「個人情報」を含むものをいいます。)について、個人情報保護法その他の関連法令を遵守し、細心の注意を払ってこれを取り扱うものとします。 
    
    【1. 取得する個人情報】 
    
    当社は、お客様から以下の情報をご提供いただいております。 
    ■お客様から直接ご提供いただく情報 
    1. 当社のプログラム受講のお申し込みをいただく場合に提供いただく情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号、生年月日、運転免許証・保険証など本人確認のために提示いただく書面に記されている情報) 
    2. 説明会申し込み、及びお問い合わせその他サポートに関する情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号) 
     
    ■当サイト利用において自動で取得する情報 
    1. クッキー(Cookie)などの端末識別子 
    
    【2. 個人情報の利用目的】 
    
    当社で取得したお客様の個人情報につきまして、以下の目的で利用させていただきます。 
    
    プログラムの実施及び当社事業の遂行のため 
    2. 前号に関する連絡や通知などの送付のため 
    3. お客様の本人確認のため 
    4. お問い合わせ対応などのサポート提供のため 
    5. 弊サイトの利用行動の計測のため(Googleアナリティクスを利用しています。収集したデータの利用については、「Google のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の Google による使用」もご参照ください。) 
     
    6. その他上記の利用目的に付随する利用目的のため 
    
    
    【3. 個人情報の第三者への提供】 
    
    当社で取得したお客様の個人情報は、第三者に開示・提供いたしません。 ただし、以下のいずれかに該当する場合は第三者に提供できるものとします。 
    
    1. 事前にお客様から同意を得ている場合。 
    2. お客様個人を識別することができない状態で開示する場合。 
    3. 当サイトの利用行動計測、および広告を表示するために第三者から要求される場合。ただし、必要かつ最小限の範囲に限ります。 
    4. 法令等により開示が必要である場合。 
    
    【4. 保有する個人情報の管理】 
    
    当社は、お客様の個人情報の紛失、盗用、悪用、不正アクセス、開示、改ざん等を防ぐため、管理上合理的な措置を講じます。 
    
    【5.個人情報の開示】 
    
    当社は、お客様から、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、お客様ご本人からのご請求であることを確認の上で、お客様に対し、遅滞なく開示を行います(当該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。なお、個人情報の開示につきましては、当社指定の一定の費用を頂戴いたしますので、あらかじめ御了承ください。 
    
    【6. 個人情報の訂正・削除 】 
    
    当社は、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます。)を求められた場合には、お客様ご本人からのご請求であることを確認の上で、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報の訂正等を行います。ただし、利用目的等からみて訂正等が必要ないと当社が判断した場合は、訂正等は行わず、その旨を通知いたします。なお、個人情報保護法その他の法令により、当社が訂正等または削除の義務を負わない場合は、本項の規定は適用されません。 
    
    【7. 個人情報の破棄】 
    
    取得した個人情報は、法令の定める保存期間を経過したことにより保存の必要が無くなった時点、または当社の通常の事業運営に照らして合理的に不要であると判断された時点で破棄いたします。 
    
    【8. プライバシーポリシーの改定】 
    
    当社は、プライバシーポリシーを随時変更することができ、改定されたプライバシーポリシーは、当サイトに掲載した時点から適用されるものとします。但し、法令上お客様の同意が必要となるような変更を行う場合、変更後のプライバシーポリシーは、当社所定の方法で変更に同意したお客様に対してのみ適用されるものとします。なお、当社は、プライバシーポリシーを変更する場合には、施行時期及び内容を当社のウェブサイト上での表示その他の適切な方法により周知し、またはお客様に通知します。 
    
    【9. 個人情報に関するお問い合わせ】 
    
    個人情報に関するお問い合わせ、苦情は下記までご連絡ください。 
    
      
    〒150-0001東京都渋谷区神宮前6‐23‐4‐2階 一般社団法人パートナーシップ協会 
    ・個人情報取扱責任者:松阪 美歩 
    
    ・メールによるお問い合わせ: info@partner-ship.net 
     
    
    【2021年1月1日制定】